【保存版】自宅サロンのはじめ方「サロンを開く場所」に関して

 

本日からシリーズに渡りお伝えしていきます

「自宅サロンのはじめ方」

 

どうぞ今後のサロン開業へ

お役立てください!

 

 

その①「サロンを開く場所」

 

今居住している自宅で「サロン」が

開けるのか、を調べることです。

 

【賃貸物件に居住されている場合】

 

必ず大家さんへ、もしくは

管理会社へ尋ねてみましょう

 

契約時の書類に目を通すと居住としての

賃貸契約なのかがわかりますが、

一旦は貸主へ直接問い合わせをしてみること

 

※この際もしかしたら大家さんとの交渉で

OKが出る場合もありますので、

必ず一度は聞いてみましょう

 

 

内緒で営業するなど違反した場合は、

貸主から退去命令が出るかもしれません。

 

 

実際に内緒で営業されているところは

同じ居住地域に住んでいる方との

トラブルが多かったり

 

(不特定多数の方が来られることでの

トラブル、駐車場に関してなど)

 

HPやSNSで堂々と宣伝が出来ない

などの事例が沢山あります

 

個人的に内緒で営業する、

はオススメできません

  

思い切って自宅サロンOKな物件へ

引っ越しを視野に入れることも

仕事への本気度の表れにもなりますので

 

ご家族とよく相談し改めて

検討されると良いかと思います

 

 

 

【ご自宅が個人所有(戸建て)の場合】

 

こちらも不特定多数の方が

来店されることになりますので、

最低限は極近しいご近所の方へは

自宅で仕事をする旨を伝えておくと安心です

 

自分の敷地内でしたら看板の設置も

可能となるため、宣伝にとても有効です

(ご近所迷惑にならない程度に配慮すること)

 

※もしかしたらご近所の方が

お客様になってくださることもありますよ!

 

 

もし賃貸も戸建ても厳しい・・・

となった場合は

「出張サロン」という方法もあります

 

お客様のご自宅に直接伺って

施術をすることも可能です。

 

 

どうぞこうした視野を沢山広げ

「自分の出来る可能性」を

諦めずに探っていってくださいね!

 

 

次回はその②

「資格取得(仕事としてやりたいことの技術を学ぶ)」

に関してお伝えしてまいります。

 


自宅サロンアドバイザー・たかさかみや

 2009年6月・北海道苫小牧市の自宅アパートの一室にてリンパケア「癒しサロンspring」オープン。以後、常連様に恵まれ予約の取れないサロンと呼ばれるようになる。2015年・自宅サロンアドバイザーとして自身の実体験を含めサロン開業前・開業後のオーナー向けにアドバイス・講座やセミナーなどに従事。『大好きなお客様がリピートしてくれる幸せサロンの作り方ブログ』