【保存版】自宅サロンのはじめ方 「開業届け」

 

前回の記事

【保存版】自宅サロンのはじめ方「資格取得(仕事としてやりたいことの技術を学ぶ)」

から続きます。

 

 

その③「開業届け&確定申告」

┗開業届に関して

 

 

自宅サロンだったら開業届は必要ないのでは?

と思ってらっしゃる方も多いかと思いますが、

自宅で開業する場合でも必要となります。

 

こちらに関しては不安や誤解などが

多くあるかと思いますので、

大きくポイントをまとめまてみました。

 


自宅サロン・自宅でのお教室等を始めた場合

 

【事業を始めた事実】が実際にあれば、

この開業届を提出する必要があります。

 

 

そして取り決めとして開業届は

 

「事業を始めた事実が

あった日から一ヶ月以内に提出」

する、ということです。

 

 

「すでに一ヶ月なんて過ぎてる~!

怒られるのでは?罰せられるのでは?」

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

 

こちらに関しては罰せられる

ということは今の所ありませんので

ご安心を!

 

※しかしいつ規約が

改定になるのかはわかりません…

 

 

「でもその場合、一体いつの日を

開業日に設定すればいいの?」

 

などわからないことが

出てくるかと思います。

 

その場合は最寄りの税務署、

もしくは商工会議所へ

相談に行きましょう。

 

 


開業届の提出と確定申告は無関係

 

 

出していても出していなくとも

確定申告はできます。

 

➤しかし、開業届を出していない場合は

確定申告で控除額が多い「青色申告」が

受けることができません。

 

 


扶養の範囲内で現在いる場合

  

開業届を提出した時点で扶養から

外れる可能性もあるので

しっかりと自分で確認を取ること。

  

※扶養の範囲内とは

 ・所得(税法上)

 ・社会保険(健康保険上)との2つに分かれます。

 

社会保険の部分で、自分が扶養として

加入している健康保険の組合

(健康保険証に載っている)によっては

 

 個人事業主はどんなに

収入が少なくても、扶養から外す

という規定があるところもあります。

 

 

それと合わせて

 「どのくらいの収入になったら

扶養から外れるのか」

 

という規定も、加入されている

健康保険組合で各々変わってきます。

 

 

こちらも必ず自身にて

直接加入済みの健康保険組合に

お問い合わせください。

 

  

※ちなみに開業届を提出した場合は、

翌年の1月後半(辺り)にお住いの地域の

税務署から確定申告の書類が

一式郵送にて届くようになるかと思います

 

 

こちらは都道府県で違いが

あることかと思いますので、

こちらも自身でご確認ください

 

 

本当に利益を上げる

自宅サロンにしていきたいのなら 

開業届の提出はしておくことを

オススメしておりますが

  

上記のポイントを踏まえ、

ご自身の進まれる道を

決めていかれてくださいね(^^)

 


専門家へ相談してみる

 

また詳しくは最寄の税務署や

商工会議所、もしくは信頼の置ける

ファイナンシャルプランナー(FP)の方に

一度個別にてご相談してみることを

強くオススメ致します!

 

 

【重要】開業届を提出前に、一度必ず確認しておくこと

 

 お住まいの各自治体にて

「創業支援制度(補助金)」がないか調べましょう。

 (自宅サロンでももちろん該当します)

  

もしそのような制度があれば、

自治体より新規事業のための補助金

(返さなくて良い支援金)が

下りる可能性があります。 

 

実際わたしの住む苫小牧市では

毎年最大30万円までこの補助金が

支給される制度があります(大人気です)

  

受給資格には各自治体

それぞれの規定はあるかと思いますが、

開業届を出すタイミングで

(自治体の年度の切り替わりで)

資格を失う可能性もございます。

  

必ず行政のHP、フリーペーパーなどに

そのような情報がないか日々

チェックされてみてくださいね。

 

 

※一度最寄りの商工会議所などに

お電話してみても良いでしょう

 

 

 

厳しいことを言ってしまいますが

【サロンを開く】ということは

「施術やおもてなしができる」

ということだけではありません。

 

・こうしたお金や世の中の仕組みを知識として持つこと

 ・制度を学び続けること

 

 それらも含めて「サロンを開く=開業」

ということを認識して

欲しいと感じています。

 

 

※制度に関しては都度改定の時期が

ありますので、必ず自分自身でも

確認していきましょう

 

勉強を重ねることでお客様からの

信頼も必ず増えていきます。

 

 

学びは裏切りません! 

コツコツ取り組んでいきましょうね。 

次回は引き続き「確定申告」に関して

 

 

出来るだけ噛み砕いて

お伝えしてまいりますね。

 


自宅サロンアドバイザー・たかさかみや

 2009年6月・北海道苫小牧市の自宅アパートの一室にてリンパケア「癒しサロンspring」オープン。以後、常連様に恵まれ予約の取れないサロンと呼ばれるようになる。2015年・自宅サロンアドバイザーとして自身の実体験を含めサロン開業前・開業後のオーナー向けにアドバイス・講座やセミナーなどに従事。『大好きなお客様がリピートしてくれる幸せサロンの作り方ブログ』