今こそセラピストの感覚を育てよう

 

関口智子です。

新型コロナウイルス感染予防のため、

外出自粛をされている方も

沢山おられることと思います。

 

体調などお変わりはありませんか?

 

 

 

SNSではセルフケア方法や

セルフリラックス方法、

家族への様々なケアなど、

そして、様々な応援メッセージ。

 

惜しみなく投稿されている

全国の個人セラピストさんの

温かい投稿を拝見しています。

 

 

世界中の人々への健康を

心から祈り、

 

再びお客様が安心して

ご来店頂ける日を願って

頑張るセラピストさん方から

元気と希望を毎日頂いています。

 

 


毎朝のルーティンワーク

 

新型コロナウイルスが

ここまで社会に影響を及ぼす前…。

 

走り抜けるように

毎日を過ごしていました。

 

今、時間が出来た分、

いつも以上に

自分の心や体に

意識を向けることを心がけてます。

 

 

個人的な事ですが、

少しだけ毎日のルーティンを

ご紹介させてください。

 

 

寝る時に

東側の遮光カーテンを

あえて、開けています。

(防犯の関係もあるので、

おすすめはしませんが…)

 

 

目が覚めると、

朝日で空が染まっている日や

曇天の真っ白な空、

突き抜けるような青空の日が

日々、様々な表情で

まず目に飛び込んできます。

 

 

心の中で呟く一言。

「今日も、目覚めることが出来て

ありがとうございます…」

 

 

 

そして、

ゆっくりと起き上がり、

身体の重さや動きを確認。

 

白湯を沸かし、

お気に入りの場所に座り、

少しずつ白湯をいただきます。

 

 

喉元から温かい白湯が

胃まで流れていくのを、

内臓が洗われていくようだなぁと

感じつつ、体内に染み渡るのを

ゆっくりと実感します。

 

 

そして、姿勢を調え、

しばし瞑想へ。

 

 

吸う息、吐く息、

それに伴う筋肉の動き、

内臓の動き、

四肢の感覚、

色々なところに意識を向けて、

20分くらい過ごしています。

 

 

ついつい、考え事をしていると

眉間にしわが寄っている時も…。

 

 

しかし、それを否定するのではなく、

「あぁ、今はそんな状態なんだなぁ」

とただ眺めてく時間です。

 

 

 

瞑想が終わると

いつの間にか

膝に乗っている猫の

モフモフした毛並みを

撫でながら

しばし過ごす…。

 

 

こんな朝が

数週間続いてます。

 


感じる仕事だから

 

今回、自粛生活で

改めて思うこと。

 

 

私たちセラピストは

感覚のお仕事です。

 

様々な手技はありますが、

自身の内にある感性を

身体で、手で表現し、

 

クライアントの様々な感覚へ

訴えかけ、呼び起こし、

共有していく仕事です。

 

感覚は経験することで、

研ぎ澄まされ、育ち、

そして豊かになっていきます。

 

 

人間にとって感覚は、

生きていく上で大切なのは

当たり前なのですが、

 

気付きを促すものであり、

また人生を豊かにするものだと

私は思っています。

 

 

直接、お客様のお体に触れる

セラピストの仕事は、

お客様の感覚を

時に奮い立たせ、

時に穏やかに鎮め、

また大切なものを思い出させる

そんな役割もあるのです。

 

 

 

だからこそ、

まずはセラピスト自身が

自分の見る、嗅ぐ、味わう、聴く、

そして体や心で感じる…ことを

大切に、ゆっくりとはぐくむ時間を

持ちたいものです。

 

 

私もこのコロナ騒動の前は、

日々を駆け抜ける毎日で、

わざわざ『時間を作って』

 

 

座禅に行ったり、

断食に行ったりしていました。

 

 

今、毎日、散歩しながら、

風を感じたり、

新緑の美しさに生命力を感じたり

色とりどりの花に温かいまなざしを向ける事で、

 

制限の多い毎日でありながら、

心の豊かさを実感しています。

 

 

その他に、

今まで、セラピストの訓練として

日常から意識してきたことが

大きく関係しているようです。

 

 

例えば、挨拶、返事、笑顔など。

小学生の道徳のような当たり前の

事ばかりですが、

 

ちょっとした仕草が

自分、家族の

居心地の良さを作ります。

 

 

今、閉塞感を感じやすい

世の中だからこそ、

いつも以上に意識して、

訓練を兼ねて実践しています。

 

 

次回はセラピストの訓練法と

ちょっとしたコツを

ご紹介します。

ぜひ、ご一緒にトライしませんか?

 


関口智子(せきぐちともこ)

 

2000年より国内外のプロセラピストの育成にたずさわる。2005年から自身の独立と共に個人サロンセラピストさんの活動をサポート。受ける禅~ジャパニーズオイルセラピーAtsu🄬~の技術創設者。