サロン開業時にやっておきたい9つの準備リスト

 

前回から開業届やら確定申告やら

やること・考えることが沢山あって

既に頭がパンクしそうに

なる方も多いかと思いますが…

 

 

自宅サロンや

スモールビジネスであっても

サロンは「経営」になりますので、

まだまだ準備しておくことが

沢山あります(笑)

※がんばろう!

 

 

でも大丈夫!

焦らずコツコツ

取り組んでいくことで

自分の軸がしっかり

構築されていきます。

 

 

この自分軸が今後のサロン運営を

助けてくれることでしょう。

 

 

本日はサロンを開業する時

事前に準備しておくと

良いことがありますので

本日はそちらをシェアして参りますね。

 

 

開業後の皆様も

是非一度自身を振り返って

リストに該当する箇所があれば再度取り組んでみてください!

 

 

 


9つの準備リスト

 

1 サロンを開く動機(理由)は明確ですか?

すぐに言葉に出して言えますか?

そしてそれは「主体性」のある動機ですか?

 

 

2 サロン業務に関して経験や知識はありますか?

今現在無いという方は、

この部分をどのように今後

補っていくとお考えですか?

 

 

3 サロンを継続していく自信はありますか?

無いという方はどのように

自信をつけていけば良いとお考えですか?

 

 

4 ご家族(身内)の方からの協力はありますか?

 

 

5 サロンを開く場所や運営方法

店舗賃貸物件、出張スタイルを取る、

などは決まっていますか?

 

 

6 必要に応じて(いざとなった時)誰かお手伝してくれる人はいますか?

いない場合は自分がサロンを

開けない時の為に何を

どのように準備しておきますか?

 

 

7 売上の予想・利益の予想はしてみましたか?又、使う商材にかかる経費が月間どのくらいか試算してみましたか?

 

 

8 サロンを開く際、ある程度の自己資金は準備してありますか?

 

 

9 事業計画書を作成したことがありますか?

※個人的にはこの事業計画書を

一度ご自身で作成してみることを

強くオススメ致します!

 

 

開業後の方も今一度

是非取り組んでみてくださいね。

 

 

 

サロンを開業する時は

(サロンの大小に関わりなく)

ある程度の【事前計画】が必要になってきます。

 

それは今後のサロン経営での

リスクを最大限に減らし、

予期せぬ出来事に対応していくために

とても必要なことなんですよね。

 

 

「今だからこそ」

しっかりとこの9つの準備リストで

自らを改めてチェックし、

準備をして参りましょう!

 

 

そして長期的に経営できることを

第一の目的とし、コツコツ

取り組んでいきましょうね。

 

 

 

次回は⑥

「補足・サロン開業準備リスト・特に大切な箇所はここ!」をお伝えしてまいります。

 

 


自宅サロンアドバイザー・たかさかみや

 2009年6月・北海道苫小牧市の自宅アパートの一室にてリンパケア「癒しサロンspring」オープン。以後、常連様に恵まれ予約の取れないサロンと呼ばれるようになる。2015年・自宅サロンアドバイザーとして自身の実体験を含めサロン開業前・開業後のオーナー向けにアドバイス・講座やセミナーなどに従事。『大好きなお客様がリピートしてくれる幸せサロンの作り方ブログ』