【Vol.4】自分が明るい光になれば人は必ず集まる「窪田紗知子さん編」



エステティシャン、セラピスト歴25年の大ベテランの窪田紗知子さん。リピーター様のご予約でご新規をお断りするほどの人気サロンを運営するお人柄が感じられるインタビュー。紆余曲折のセラピストヒストリーになりました。

*通信環境により動画が乱れる場合がございます。予めご容赦下さいませ。


長野県長野市 アンフィニー窪田紗知子さん

 

1974年9月生まれ 長野県長野市在中

 

19歳の時化粧品会社に就職。その後エステ会社に就職し、責任者としてサロン運営、人材育成に勉める。2006年、11年務めたエステ会社を退社し、同僚と共にトータルエステティックサロン「アンフィニー」をオープン。

 

2010年同僚の退職に伴い、規模を縮小。現在のサロンに移転。

2016年5月、サロンオープン10年を節目に、漢方養生をメインとしたサロンにリニューアル。

「経絡リンパ・漢方養生サロン アンフィニー.」と、屋号を変え、現在に至る。

 

今までに施術をした人数は5,000人以上に及ぶ。

現在は顧客様のみでサロン運営。

 

顧客様の生涯現役セラピストに

を目標に、日々顧客様に寄り添い、大好きな施術を行っている。

 

ホームページより引用


インタビューの中身を少しだけご紹介

セラピストになったきっかけ

高校生の時に見たエステサロンが題材のテレビドラマがきっかけで、エステティックの業界に入った。


個人サロンを立ち上げたきっかけ

新規オープンのエステサロンで11年、うち9年は責任者として勤務し、会社と現場の双方の想いの相違から自分で新たに理想のサロンを立ち上げることを決意。


サロンが軌道に乗るまで

キャリアもあり自信はあったものの、オープン当初は思った以上に来店が無く、試行錯誤が続いた。その状態は2年ほど続いたが、辞めずに頑張ろうと思えたのは、自分にはこれしかないという想いと、初期投資もあり頑張ろう!という強い想いだった。


SNSが無い時代の集客

認知度を上げるためにとにかく動いた。チラシを作ってポスティングしたり、女性が多い会社へダイレクトメールを送ったりと日々工夫した。


セラピストさんへのメッセージ

人に喜ばれ、役に立てるお仕事は自己成長にもつながるありがたいお仕事。人が集まる秘訣は自分が毎日明るく元気に過ごす事。自分が光になることで沢山の人が集まってくると信じよう。


全メッセージは動画でご覧ください。


小さなサロン普及協会では個人サロンの質の向上を応援しています。協会員様限定のコンテンツも随時更新中。ご一緒に個人サロンの普及を目指しませんか?