うっかり忘れ・キャンセル防止に役立つ「リマインドメール」は必ず送ろう

 

リマインドとは

「再確認」という意味です。

 

 

既にご予約を頂いているお客様へ

リマインドメール

 

(ご予約日・時間・メニューと金額などの確認事項を記載したもの)

 

をご来店前日、または

2~3日前までには必ず送りましょう

 

実は当日のキャンセルを

もらうことが多いと仰る

サロンオーナー様に

 

リマインドメールは

送っていますか?と尋ねると

 

「送ってませんでした」

 

という方が結構

いらっしゃるんですよね。

 

 

※特にサロンをはじめたばかりの時は

お客様自体が友人知人が多いなどで、

こうした身近な人へは

特に送っていなかったり…

 

 

ご予約で

「事前からスケジュールを組んでもらう場合」

 

その予定が先になればなるほど、

お客様自身が

「うっかり」忘れてしまう、

 

もしくは別の日程と

勘違いしているなんてことは

「事前予約でよくある話し」

でもあります。

 

 

 

うっかり忘れていた、や、

日程の勘違いってことは

 

こちらを見ている皆様も

過去に一度は経験したことが

あるのではないでしょうか?

 

 

 

数年単位の常連様になってくると

 

お客様ご自身が

「サロンに通うことが日常(ルーティン化)」に

なっているので

 

うっかり忘れる、

日程を間違える、

ということは

かなりの頻度で起こりませんが

 

サロンにまだ1,2度しか

ご来店したことがない方の場合は

 

このうっかり忘れていた、

ということが比較的多い頻度で起こります。

 

 

 

そのうっかり忘れていたことを

お客様の責任にすることは簡単ですが

 

「事前に予定を確認をする」ということを

【サロンの仕事内】に含めてしまえば

 

これはわたしたちセラピスト自身の

自己責任にも当たるかと、

わたしは今そう思っています

 

 

そうすればお客様を必要以上に

責めなくていいですよね!

 

 

サロン側が再確認(リマインドメール)を

怠った…という責任を持つことも

個人サロンでのプロ意識として

とても必要なことだと思います。

 

  

 

このリマインドメールを

もし今出していない方が

いらっしゃいましたら、

 

是非本日からでも

スタートしてみてくださいね!

 

 

自宅サロンアドバイザー

たかさかみや

 


自宅サロンアドバイザー・たかさかみや

 2009年6月・北海道苫小牧市の自宅アパートの一室にてリンパケア「癒しサロンspring」オープン。以後、常連様に恵まれ予約の取れないサロンと呼ばれるようになる。2015年・自宅サロンアドバイザーとして自身の実体験を含めサロン開業前・開業後のオーナー向けにアドバイス・講座やセミナーなどに従事。『大好きなお客様がリピートしてくれる幸せサロンの作り方ブログ』