健やかな自分であることがおもてなし


 

関口智子です。

新型コロナウイルス騒動から、

半年以上が経過しました。

 

 

4月から自粛期間を設け、

色々な事がストップしましたが、

逆に新しくスタートしたこともあります。

 

それは、

セラピストのセルフケア。

 

コロナ禍に負けない

心と体作り、という事もありましたが、

元々、自身のスクール生の皆さんと

4月から「セルフケア勉強会」を

開催する予定だったのです。

 

 

お客様への最高のおもてなしは

セラピスト自身が心身共に

健康であること

 

が、私のモットーです。

小さなセルフケアは以前から

あれこれと行っていましたが、

ついつい忙しさに流される日々もありました。

 

 

幸か不幸か、

コロナ禍で時間が出来たため、

みっちりと、セルフケアに

取り組み始めました。

 

 

「セラピストのセルフケア」ですから、

お客様にお伝えできるよう、

色々と、根拠も調べたり、

人体実験的に行っている事もあります。

 

 

今回、特に力を入れたのは、

栄養バランスと運動でした。

 

 

ついつい不規則になりがちな

食事から、手っ取り早い栄養補給として、

甘いものに手が出がちでしたが、

 

 

どうやらタンパク質、

鉄分、ビタミン不足を実感し、

苦手だったサプリメントや

プロテインを

定期的に摂り始めました。

 

加えて、時間のある限り

骨格アライメント意識した

ウォーキングを40分。

 

 

身体の中の栄養バランスが

整ったお陰様なのか、

不思議とあんなに好きだった

甘いものが欲しくてたまらない!

みたいなことが収まりました。

 

 

人間の血液は4か月で

入れ替わるといわれています。

肌も変化してきました。

 

 

今までは、3日坊主だったことも、

この期間があったからこそ、

自分とゆっくり向き合い、

労わることが出来たのかな…と

思っています。

 

 

 

朝、健やかに目が覚め、

「今日も目覚めることが出来て、

ありがとうございます」

と、誰に向けてでもなく、

自然と言葉が出てきて、

一日が始まる。

 

どんな日常でも

自分と向き合うセルフケアを

続けていきたい、と

改めて思う今日この頃です。

 


関口智子(せきぐちともこ)

 

2000年より国内外のプロセラピストの育成にたずさわる。2005年から自身の独立と共に個人サロンセラピストさんの活動をサポート。受ける禅~ジャパニーズオイルセラピーAtsu🄬~の技術創設者。