セラピストにとって哲学は必要か?


講師の高橋克郎先生よりウエルネスケアセラピストを目指す方々へのメッセージです


 

10月5日からスタートする

ウエルネスケアセラピスト養成講座初級、

一番最初の講座が決定しました。

 

それは「哲学入門」

 

哲学というと、少し難しそうで、

堅苦しい感じがする方も

いるかもしれません。

 

 


生きていることを学ぶ哲学

 

哲学というと一般的に、

人間を外から見て、分析し、

その心理や行動を説明する。

 

とても大切な事です。

しかし、

私たちセラピストの哲学は

違う視点を持つことも必要です。

 

セラピストの哲学は

「生きていること」を内部から見て、

感じ取り、考えることが大切なのです。

 

__________

 

克郎先生のテキストから

少しだけ言葉をお借りしました。

 

ふと、こんなことを

考えることはありませんか?

 

「自分自身は何をしたいのか?

これからどう在りたいのか?

その為に何をしたらいいのか?」

 

 

この問いに対する

正しい答えは

あるかもしれないし、

無いかもしれません。

 

 

こんな先の見えないことを

考えたくない、

頭が痛くなっちゃう…。

 

 

そんな風に思う人も

いるかもしれません。

 

でも、人間である以上は

きっと自問自答という名の

考える事は止められないでしょう。

 

 

大切なのは、

答えを出す事ではなく、

考え方のコツを知る事かもしれませんね。

 

セラピストは

様々なお客様の想いに

寄り添う必要性が

出てくることが多いお仕事です。

 

 

考え方のコツや

どう考えるのか…、

という事を

 

知っているのと、

知らないのでは、

全然違う。

 

 

初回の哲学入門で、

きっとヒントが得られます。

 

 

克郎先生オリジナルの

テキストには、

セラピスト哲学について

沢山の言葉で、

でも分かりやすく

ご説明頂いています。

 

早く皆さんと学ぶのが

とっても楽しみです!

 

締切まで間もなくです。

お申込お待ちしております。

 

 

★10月2日 予備講座

一般の方もご参加いただけます

詳細はこちらから

 

 

高橋克郎先生

東京大学工学部・工学系大学院 修士、日本医用レーザー研究所付属クリニックで治療に従事、1995年 アロマテラピースクール セリスト設立、1996年 公益社団法人 日本アロマ環境協会 設立、理事として資格制度委員長歴任(全ての資格制度確立)、2018年 理事退任 新しいアロマテラピーの研究に従事、2020年 【小さなサロン普及協会】設立に活動開始



講座の詳細や、受講方法はこちら


この講座は協会員の方、一般の方も受講いただけます。

協会員価格もございますので、是非ご入会をお勧めいたします。

 

協会へのご入会ご案内はこちら