関口智子のおもてなしコラム

今まで、自身がセラピストになり、講師になり、「心がまえ」に助けられました。出口の見えないトンネルに入ったような気分になり、何をやっても思うようにならず、不安になったり、投げやりな気分になったり。あることに気づいた時に、私にとって「こころがまえ」が本当の意味で道しるべになった瞬間でした。

今まで、自身がセラピストになり、講師になり、「心がまえ」に助けられました。出口の見えないトンネルに入ったような気分になり、何をやっても思うようにならず、不安になったり、投げやりな気分になったり。あることに気づいた時に、私にとって「こころがまえ」が本当の意味で道しるべになった瞬間でした。

今まで、自身がセラピストになり、講師になり、「心がまえ」に助けられました。出口の見えないトンネルに入ったような気分になり、何をやっても思うようにならず、不安になったり、投げやりな気分になったり。あることに気づいた時に、私にとって「こころがまえ」が本当の意味で道しるべになった瞬間でした。

テーマは「セラピストのNGワード」。いくつかのNGワードの中で特に、「自信が無い」という言葉を掘り下げました。

関口智子です。 新型コロナウイルス感染予防のため、 外出自粛をされている方も 沢山おられることと思います。 体調などお変わりはありませんか? SNSではセルフケア方法や セルフリラックス方法、 家族への様々なケアなど、 そして、様々な応援メッセージ。 惜しみなく投稿されている 全国の個人セラピストさんの 温かい投稿を拝見しています。...

新型コロナウイルスの感染予防対策でサロンを休業する際に、お客様へのご案内について例文と実際のサロンオーナーさんの例をご紹介します。

セラピストは感覚のお仕事。この機会に、さらに自分に意識を向け、感覚を研ぎ澄ませる訓練をしてみるのも良いかもしれません。

関口智子です。 サロンビギナーさん向けのコラムでは いかに発信が大切かをみやさんが 繰り返しお話してくださっていますね。 コラムを読んで… 開業当時の事を思い出しました。 コネも地域とのつながりも無い 私がサロンオープンした時、 色々なことに挑戦しました。 チラシ配りや 無料の施術モニターさん お店にチラシを置いてもらったり...

新型コロナウイルスの感染予防対策として小さなサロン普及協会のコラムでセラピストがお客様にお伝えしたこと、お客様にお願いしたいことなどをまとめました。

3月9日(サンキューの日)は、ありがとうの日。そしてありがとうの反対語は「当たり前」とのこと。お客様がお越しいただくのは当たり前ではないのですよね。今日はそんなお話です。

さらに表示する